店長の一言呟き&備忘録
オンライン内覧③2022/01/09

オンラインが無かった時代のお話

※当時オンライン内覧があってもしても、目には見えない点なので変わらないと思う。

 

回想

飛行機で行くような遠方での初めての一人暮らし。

学校からの紹介で学校周辺の不動産業者に電話で確認。

図面・資料を送ってもらい不動産業者とお話をしながら選んで契約に進む。

そして、入学前に物件へお引越し。

入居した時は日当たりも良く、少々古いが快適なお部屋だった。

住んでみるとお部屋の問題点ではなく...

詳細は控えさせて頂きますが...

人には五感があって第六感がある人もいる。

そして、大家さん、ご近所の方など、人と人との触れ合いもあったりする。

 

内覧してれば・事前に確認が出来てれば等々思う所もあったりして。

オンライン内覧が増えてきて当時を思い出してしまいます。

言葉と動画では確認出来るが、五感等で確認は出来ない。

例えば最終確認の内見をして物件気に入ればいいけど、気に入らなかったとしたら...

もう一度初めから物件を選んで内覧をして決める時間と余裕があればもう一度探せば良い。

時間と余裕が無ければそのまま契約となる。

リスクがありますよね。

一度住んでしまえば、お部屋はそう簡単に引っ越すことが出来ないし...

 

当時からの教訓

「物件はしっかり確認しよう」です。